プログラミング

git pullで強制的にmasterブランチと一致させる方法

作業をしていて、試行錯誤しているうちに、いろんなファイルをいじりすぎてしまい、結局何を変更して、どうすればいいのかがわからなくなってしまうこともあると思います。

変更したコードがわからない!

そんな時に、活用するのが、

git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

        modified:   .gitignore
        modified:   Gemfile
        modified:   Gemfile.lock
        modified:   app/models/team.rb
        modified:   app/views/teams/mailer/confirmation_instructions.html.erb
        modified:   app/views/teams/registrations/new.html.erb
        modified:   app/views/teams/shared/_links.html.erb
        modified:   config/environments/development.rb
        modified:   config/environments/production.rb
        modified:   config/initializers/devise.rb
        modified:   db/migrate/20190922065905_devise_create_teams.rb
        modified:   db/schema.rb

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

        config/initializers/config.rb
        config/settings.yml
        config/settings/

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")
On branch master Your branch is up to date with 'origin/master'. Changes not staged for commit: (use "git add <file>..." to update what will be committed) (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory) modified: .gitignore modified: Gemfile modified: Gemfile.lock modified: app/models/team.rb modified: app/views/teams/mailer/confirmation_instructions.html.erb modified: app/views/teams/registrations/new.html.erb modified: app/views/teams/shared/_links.html.erb modified: config/environments/development.rb modified: config/environments/production.rb modified: config/initializers/devise.rb modified: db/migrate/20190922065905_devise_create_teams.rb modified: db/schema.rb Untracked files: (use "git add <file>..." to include in what will be committed) config/initializers/config.rb config/settings.yml config/settings/ no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

です。

こんな感じで、git push以降に変更したファイルを教えてくれます。

 

もう一度git pushした状態に戻したい!という時は、

git pullコマンドです。

ですが、新しくファイルの生成や変更をしているとコンフリクトが生じてしまいます。

それを回避するためには、

git fetch origin master 
git reset --hard origin/master

 

これにより、最後にgit pushをした時と同じ状態にローカルのリポジトリを戻すことができます。

快適なプログラミングライフを目指したいです!

 

いぶきんぐ
いぶきんぐ
コードの管理は大切ですね!

 

 

オススメのプログラミングスクールをご紹介

タイピングもままならない完全にプログラミング初心者から

アホいぶきんぐ
アホいぶきんぐ
プログラミングってどこの国の言語なの~?

たった二ヶ月で

いぶきんぐ
いぶきんぐ
え!?人工知能めっちゃ簡単にできるじゃん!

応用も簡単にできる…!!

という状態になるまで、一気に成長させてくれたオススメのプログラミングスクールをご紹介します!

テックアカデミーのPython+AIコースを受講した僕が本音のレビュー・割引あり! というプログラミング完全初心者だった僕が Tech Academy(テックアカデミー)のPython×AIコース を二ヶ月間...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です