python

サーバー上で開いたVScode上のJupyter Notebookをsshでローカルのブラウザにて開く方法

研究室や職場など大きな計算能力のあるPC上で開発をすることがしばしばあると思います。

基本的にVScode on Jupyter Notebookで事足りると思うのですが、どうしてもローカルのブラウザで開きたいというシチュエーションがあったため紹介します。

やりたいこと

サーバー上で起動させたVScode上で開いたJupyter Notebookを、ローカルPCのブラウザで開き、Augmentaionをかけた音データを聴くことが目標です。

ターミナルからsshでサーバーに接続(ローカルPC)

ssh -L 8080:localhost:8888 user_name@192.168.xxx

このコマンドを打ち込んで、ローカルPCのポート番号8888とサーバーPCのポート番号8888でやりとりできるようにします。

そして、その結果を、ローカルホストの

http://127.0.0.1:8080/

から開けるようにするという設定です。

始めにこれをローカルPCで設定しておきます。

次に、サーバーPCでの設定です。

Jupyter Notebook起動 (サーバーPC)

サーバー上のVScodeでJupyter Notebookを開いたら

jupyter notebook list

をVScode内のターミナルに打ち込みます。

Currently running servers:
http://localhost:8888/?token=a968exxxxxx69570cxxxx19c278e392a58605a8eb :: /your/currenct/path

すると、上記のようにトークンを取得することができるので、a968exxxxxx69570cxxxx19c278e392a58605a8ebをコピーしておきます。

ローカルPCのブラウザでJupyter Notebookを開く

VScodeでipynbファイルを開くと、右下に

写真のようなタブが生まれると思います。

この「ブラウザーで開く」ボタンを押します。

すると、ローカルPCのブラウザに

このような画面が現れるので、ここに先ほどコピーしたトークンをペーストしてログインボタンを押すと、ローカルPCでJupyter Notebookを起動したときと同様に実行することができます。

あとは、http://127.0.0.1:8080/

にアクセスするだけです!

動作確認

たしかに、ローカルPC上で、サーバー上のjupyter notebookでAugmentationした、できたてほやほやの音源を流すことができました!

これで、いちいちwavファイルに出力をしなくてもnumpy形式のまま妥当なAugmentationができているかどうかを判断することができます!

ついでに、Augmentationもいい感じにできていたのでとてもハッピーです!

では!

 

オススメのプログラミングスクールをご紹介

タイピングもままならない完全にプログラミング初心者から

アホいぶきんぐ
アホいぶきんぐ
プログラミングってどこの国の言語なの~?

たった二ヶ月で

いぶきんぐ
いぶきんぐ
え!?人工知能めっちゃ簡単にできるじゃん!

応用も簡単にできる…!!

という状態になるまで、一気に成長させてくれたオススメのプログラミングスクールをご紹介します!

テックアカデミーのPython+AIコースを受講した僕が本音のレビュー・割引あり! というプログラミング完全初心者だった僕が Tech Academy(テックアカデミー)のPython×AIコース を二ヶ月間...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です