python

windows10 homeでColaboratoryの90分問題を解決する方法

いぶきんぐ
いぶきんぐ

google colaboratoryの90分問題に関する記事全部、Macでの対策じゃないかーーー!!

全然、Windowsでの対策記事がない、、、(;。;)

 

パンがないなら、ケーキを食べれば良いじゃない。

対策記事がないなら自分で書けば良いじゃない!

ということで、記事を書きます!

Google Colaboratoryの90分問題を解決したい!

Google Colaboratoryって?

Pythonをオンラインで使用できる環境です!

しかも、GPUも無料で使用することができる優れものです!

ただ、一部制限があります。

Google Colaboratoryの制限

90分問題

セッションが90分以上無い場合、接続が切れてしまいます。

なので、定期的に実行の様子を確認してあげなければなりません。

12時間問題

Colaboratoryのインスタンスを起動してから12時間経つと強制的に接続が切れてしまうという問題。

12時間問題については、かなり複雑そうだったので諦めました!

今回は90分問題を解決します。

まず検索!

先人たちの記事

この辺りを調べました!

Mac率高すぎです!

Powershellを挑戦!

高校までPC触ったことがなかった大学生は、なんとなくWindowsを生協で購入してしまうものじゃないのでしょうか!!

powershellで同じことができそうだ!と思いましたが、15分格闘して、ループをしながらstartコマンドで上手いことurlを開けなかったので諦めました。

windowsでだめならlinuxでやれば良いじゃない!

macで動くコマンドはたくさん見つかりました。

macで動くならだいたいlinuxでも動きます。(たぶん)

なので、windows上でlinuxを動かしていきます。

wsl2の導入

wsl2の導入はこちらを参考にしました!

ちなみに、wslでも動きます。wsl2の方がサクサク動いてくれる(気がします)。

wsl2は2020年の4月から正式に使えるようになるはずなので、試してもみるのもありだと思います!

動画の最後にあるようにwslを起動し、visual studio codeを開きます。

cd /mnt/c/Users/ご自身のユーザー名/

 

で、linux上からwindowsのファイルを参照できるようになります。

僕は、program/python/kaggle/

の階層にコードを保存したかったのでそこまで移動します。

cd /mnt/c/Users/ユーザー名/program/python/kaggle

 

後は、簡単です!

ファイルの作成

access_colab.shという名前のファイルを作成(名前はなんでも良いです)して

for i in `seq 0 12`
do
  echo "[$i]" ` date '+%y/%m/%d %H:%M:%S'` "connected."
  xdg-open https://ご自身のcolabのURL
  sleep 3600
done

を記入して保存します。

 

最後に、

./access_colab.sh

を実行すれば1時間おきにアクセスをして90分問題を解決してくれます!

 

別タブが毎回開かれますが、実行中であれば計算されたままなので問題ないです!

古いタブは消してしまって問題ありません!

 

もっとスマートな方法があるかも知れませんが、研究所ではlinuxを使用しているので、自分のPCコマンドもlinuxであってほしいという願いもかなってちょうど良かったと思います!

 

オススメのプログラミングスクールをご紹介

タイピングもままならない完全にプログラミング初心者から

アホいぶきんぐ
アホいぶきんぐ
プログラミングってどこの国の言語なの~?

たった二ヶ月で

いぶきんぐ
いぶきんぐ
え!?人工知能めっちゃ簡単にできるじゃん!

応用も簡単にできる…!!

という状態になるまで、一気に成長させてくれたオススメのプログラミングスクールをご紹介します!

テックアカデミーのPython+AIコースを受講した僕が本音のレビュー・割引あり! というプログラミング完全初心者だった僕が Tech Academy(テックアカデミー)のPython×AIコース を二ヶ月間...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です